主婦がパートをする上で気にすること

主婦がパートをする場合、気にすることがあると思います。

主婦がパートをする上で気にすること

主婦がパートをする場合、気にすることがあると思います。それが年収が103万円を超えないようにするということです。これは税金の面で重要になるのですが、103万円を超えてしまえば所得税がかかるだけではなく、配偶者控除という枠組みから外れてしまうために、税金をトータル的に見て高く払わなければいけなくなるというわけです。ですから出来るだけ税金を支払わず、家計の足しになるように働くには103万円を超えないようにするというのがパートをする上で重要になるというわけです。

年に103万円を超えないようにするためには月に8万円程度の月収に抑える必要があり、そうなるようにシフトを組む必要があります。パートを始める際の面接の時点でそうしたい旨を面接官に伝えておくのもいいかもしれません。ただ最近ではこの制度を見直す動きも出ています。103万円という枠を設けているために、時間的にはまだ働ける人でも働かないでいる場合も多いため、制度を無くし一人当たりの収入を増やしてもらい、なおかつ国や地方の税収を増やそうという意向のようです。しかし現実的に働きたくても働けない主婦も多いのに、配偶者控除の制度自体を無くすのはより国民の負担を増やす行為になるため、慎重に検討してもらいたいです。